はてなブログレスポンシブ対応

 さあ、面白くなってきました。

考え方一つで、人生はどんどん楽しくなるね

メリットゼロ・リスク無限大のギャンブル

 

今回は久々に、新型コロナワクチンのことについて書こうと思う。

 

僕は当初から一貫して、新型コロナワクチン(mRNAワクチン)は打たないという姿勢を貫いてきた。

いや。別に一貫性を持つことが偉いとか言うつもりは全くなくて、得体の知れないものを身体に入れるのは嫌だという自分自身の感覚を大事にしてきただけのことだ。


以前に何度も書いたように、ファイザーやモデルナがつくった新型コロナワクチンは従来型のワクチンとは全く異なる新しいタイプの薬で、ワクチンというより遺伝子治療薬に近いものだ。

 

具体的に言えば、従来型のインフルエンザワクチンなどは、生ワクチンや不活化ワクチンと呼ばれるもので、本物のウイルスを殺したり弱体化させたものをあらかじめ身体の中に注入することで、事前に抗体をつくっておく仕組み。

 

一方で今回の新型コロナワクチン(mRNAワクチン)は、人間の身体の中に「設計図」を注入することで遺伝子を操作し、自分自身の体内でウイルスの一部(スパイクタンパク)を量産するものだ。

自分の体内でつくった疑似ウイルスによって、抗体を確保するってわけだ。


この仕組みが気持ち悪いのは、自分の身体の中で異物をつくり出すという点。

自分にとって不要なもの(というよりむしろ敵)を自分の体内で生み出すように仕向けるというのは、すごく不自然なことだと思う。

 

そして、そんな得体の知れないシステムを持つ薬が、ちゃんとした治験も行われないまま実用化されてしまっているというのが、実に恐ろしい。

 

こういうニュータイプの薬は、本来であれば10年単位の治験を行い、副作用をしっかり確認してリスクを把握してからでないと実用化されないはずだ。

というより、そもそもリスクが大きすぎて実用化されていないはずだ。


それが、新型コロナ騒動のどさくさに紛れて世界中の大多数の人に使用されてしまった。

そして信じられないことに、ブースターとかいって短期間の間に何度も接種した人がいて、その弊害も少しずつ明らかになってきている。

 


たとえばこんな研究結果もある。

 

 

mRNAワクチンによって短期間に何度もスパイクタンパクに晒されることで、身体がコロナウイルスを「異物ではない」と判断するようになってしまうというもの。

 

身体がコロナウイルスを異物ではないと判断してしまうと、コロナに対する免疫機能が働かなくなってしまう。

アレルギー治療の際に行われる舌下免疫療法と同じ仕組みで、少量の異物にさらされ続けると、やがて身体はそれを異物とは認識しなくなる、ってわけだ。


先般の厚労省によるデータ改ざん問題で明らかになったように、最近ではワクチン未接種者よりも接種者のほうが感染率が高くなるという、意味不明な事態になってきた。

それはもしかすると、この免疫抑制の仕組みも影響しているのかもしれない。

 


もはや風邪レベルに弱毒化したウイルスのために、大きなリスクを負ってまで治験中の遺伝子治療薬(しかも感染予防効果もない薬)を使う必要があるのか。改めて考えてみたほうがいいんじゃないだろうか。


僕自身は、mRNAワクチンを打つということは、得られるメリットが全くないのにリスクだけが無限大のギャンブルをしているのと同じことだと思ってる。

 

パチンコですら18歳未満は禁止されているのに、そんな危険なギャンブルを子どもにまで推奨するなんて、社会が狂っているとしか思えないのです僕は。

 

 

それでは今日はこの辺で!

 

shivai !! 

(誰もあなたの進む道を邪魔することはできない)

 

ブログ村ランキングに参加しました。

ポチッと応援、いつもありがとうございます!^^

    

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

さあ、面白くなってきました。 - にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村 さあ、面白くなってきました。 - にほんブログ村